今日は、自分がエンジニアをしていて特に役に立ったな、と思う本を5冊紹介したいと思います。

普段はAndroidエンジニアをしていますが、特定の領域のエンジニア向けではなく、エンジニアなら誰でも読めるようなものを選んでいきます。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック

既に持っている方も多いかもしれませんが、まずはこの一冊です。

ソースコードをできるだけキレイに書くためのコツやテクニックが数多く書かれています。

本のサイズやページ数が手頃で内容もとても平易など、初心者でもかなり読みやすい作りになっています。

読んだことがない方は是非一度読んでみてください。

Clean Code アジャイルソフトウェア達人の技

次はこちら、Clean Codeです。

こちらもリーダブルコードと同じく、コードをキレイに書くための本です。

リーダブルコードがお手軽な初心者向けだとすれば、こちらは大量の情報を集めた中級者向けの本です。

本のサイズも大きく、ページ数もかなり多くなっています。(持ち歩くのは厳しいレベルです…)

大量の例を取り扱っていますが、こちらもクリーンコードと同じく中身は非常に平易で読みやすいです。

かなりサクサク読めてしまいます。

良書ですので、読む機会があれば是非しっかりと読み込んでみてください。

増補改訂版Java言語で学ぶデザインパターン入門

上記2冊で「コードをキレイに書くこと」を学んだら、次はそのコードをどのように取りまとめていくかです。

オブジェクト指向では、デザインパターンといった頻出パターンが数十種類定義されています。

これを取り扱う本は多数ありますが、その中でも私が特にオススメするのは「結城本」とも呼ばれる本書です。

Javaがある程度読めれば理解できるサンプルが多数用意されており、パターンの本質に迫るような説明が数多く見られます。

最近は関数型の考えを取り入れたハイブリットな言語も数多く出てきていますが、やはりベースはオブジェクト指向です。

オブジェクト指向の考えの基礎に触れることで、よりハイレベルなコードを書けるようにしていきましょう。

達人プログラマー

エンジニアはどのようにして“達人”になっていくのでしょうか。

その参考になるのがこの本です。もはや定番本ですね。

「1年に1つは新しい言語を学べ」

など、具体的な提案もいくつもされています。

チームで動くためのコツなども書いてあって、一人のプログラマーとしてだけではなく、チームで行う仕事などにもかなり活かせる本です。

絶版となっていますが、Amazonなどで数多く出品されていますので、是非手元に置いておきましょう。

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

エンジニアとして生きていくうえで、コードや技術だけにとらわれず、広い視野を持ちたい方にオススメできるのがこの本です。

日本語翻訳版の発売は2016年5月とつい最近ですが、英語版発売の時点から一部ではかなり話題になっていました。

この本では、エンジニアとして生きていくうえでの会社とのつきあい方・学び方・お金・人間関係・自分のアピールの仕方などなど、数多くのトピックが取り上げられています。

決してコードを書くだけがエンジニアの全てではないはずです。

さまざまな観点を持って人生を過ごしていくためには欠かせない1冊でしょう。

さいごに

エンジニアはコードを書くという一方、そのコードで作られたソフトウェアが世界に価値にもたらします。

多くのエンジニアはコードというミクロの世界に閉じこもってはいないでしょうか。

エンジニアは、コードというミクロ〜世界に届ける価値というマクロまで、本来は幅広くモノゴトに関わっています。

さまざまな領域のことを学んで、本来提供すべき「価値」について考えていきましょう。

follow us in feedly

↓↓Kindle本を出しました