今週の金曜日、第3回Kotlin勉強会 @ SansanでLT枠に申し込みました。

せっかく行くなら発表しよう!という完全な思いつきです。

社外での発表は2年ぶりぐらいなので今からものすごく緊張していますw

 

このSanSanで行われているKotlin勉強会、勉強会タイトルのとおり今回で3回目となります。

せっかく発表するので、今までの内容とかぶらないようにこれまでの発表内容を振り返っておこうと思います。

 

[第1回]AndroidでKotlin勉強会 @ Sansan

http://connpass.com/event/22189/

2016/01/15に開催されました。

基調講演

JetBrains社の@yanex_ruさんが発表されました。

  • コードが簡潔に書けること
  • Androidをかなり意識して作られていること
  • 今後の展望

などKotlin全体について俯瞰した発表をされていました。

KotlinをJavaで理解する

次に@yamamotojさんの発表です。

var,val /  Null Safety / 拡張関数 / 関数オブジェクトなど、Kotlinの数多くの機能が、Javaから見た時にどう見えるかを話されていました。

RxBinding-kotlin

発表者は@satorufujiwaraさんです。

タイトルのとおり、KotlinでRxBindingを使った時のお話をされています。

出会って4分で即実装

つづいて@fushiroyamaさんです。

かんたんなアプリをライブコーディングされていました。

Kotlin歴はわずか2日だったそうですw

俺たちのKotlinが AndroidにJava8が来たくらいで いらない子になるわけがない!

つぎは@kiriminさんです。

KotlinとJava8を比較し、Optionalやラムダ式、リスト操作などKotlinならではの強力さを発表していました。

100 lines or die

@mustankattiさんです。

Kotlinを使ってソースコードの大半を100行以下におさえる取り組みです。

Swiftと比較しても短くなるということです。

仕事でKotlin使ってAndroidアプリを作った

つづいて@qmiharaさんです。

実務でKotlinを使った体験談をお話されています。

メリットは多数あれど、デメリットはないとのことでした。

AndroidでKotlinフル活用プログラミング

さいごに@ngsw_taroさんです。

Extensionの使いこなしについてお話されていました。

第1回まとめ

初回ということで、そもそものKotlinのメリットが多く語られた一方、RxBindingやExtensionや実務での経験など実践的な内容についても話されている会でした。

第2回Kotlin勉強会 @ Sansan

http://connpass.com/event/27583/

2016/3/24開催です。

Kotlin 1.0リリース後の開催です。

KotlinでPhantom Type

最初は@yamamotojです。

Phantom Typeとはインスタンスの状態を型パラメータで持つことで、状態のチェックをコンパイル時に行う技術です。

Kotlinでの実装や、その利用シーンについて話していました。

Kotlin学習とライブラリ作成

@sys1yagiさんです。

Kotlinを使ったライブラリ作成と学習についてお話されていました。

Kotlinにお触り

@operandoOSさんです。

Kotlinを動作させるまでの試行錯誤を発表されていました。

3分で作る Kotlin Friendly な API

つぎに@kikuchyさんです。

KotlinらしいAPIを作るにはどうしたら良いのかという発表です。

JACK & JILL & KOTLIN もしくは「Kotlinはこの先生きのこることができるか」

@dageziさんです。

資料:http://dagezi.github.io/kotlin-sansan2/#/1

コンパイラグン Jack & JillとKotlinにより起きることをまとめ、現状での優劣や方向性についてまとめられていました。

khronos

つぎは@hotchemiさんです。

時間に関する実装について詳細に語られていました。

knitで学ぶKotlin入門の次

第1回に続いて、ラストは@ngsw_taroさんです。

JUnitのラッパーライブラリを作ったお話と、いくつかの小ネタをお話されていました。

第2回まとめ

第1回目に比べると、Kotlinを使うことは前提として、少し突っ込んだ技術領域についての話が多かったように思います。

まとめ

調べる前からなんとなく想像がついてましたが、かなり多岐に渡って発表されてますね。

なにを発表しよう…w

follow us in feedly

↓↓Kindle本を出しました