ソフトウェア開発者の話になると、生産性やスキル・テクニックの話になりがちです。

そういった話ばかりになると、ときにはソフトウェア開発者であることに息苦しさも感じてしまうかもしれません。

 

一方で私個人は、そもそもこんなに素晴らしい職業はないよなーというふうに常々思っています。

そこでこの記事では、私がソフトウェア開発者のなにを素晴らしいと思っているかまとめていきます。

日頃、他の人を見て「負けているな…」とか「みんなスゴイな…」といったことを考えてしまうソフトウェア開発者が、もっと自分に自信をもっていただけるようになれば幸いです。

 

ソフトウェア開発者は順序立ててものごとを考えられる

ソフトウェア開発者が日頃向き合っているのは、ソースコードです。

ソースコードは、人間とは大きく違い、書いたとおりにしか動きません。

 

これは、裏を返せば「正しいことを正しい順でやって解決する」ための思考力(と実装能力)が必要となるといえるでしょう。

ビューのアニメーションであればどのオブジェクトをどういう順番でどれくらいの長さ動かすか、データベースであれば効率化のためにどんなインデックスを用意するか、といった具合に、いかなるレイヤーの開発でもこうした思考は働いています。

あるいは、実装の手順や、問題点の分割などさまざまな作業段階でも同様に、順序立てて考える癖がついているでしょう。

 

これは、日頃から一種の思考法トレーニングを受けている状態と代わりません。

日常生活の中の「何が問題なのか」「どう解決していくのが良いのか」「どう着手するか」といった場面でも知らず知らずのうちに役立っているはずです。

ソフトウェア開発者は独学ができる

ソフトウェアの世界は、プログラミング言語やフレームワーク・流行りのライブラリなど、数々の新しい技術が毎日のように登場していきます。

こうした新しい技術、みなさんはどう習得しているでしょうか?

 

毎回セミナーや勉強会に行って習得を図る人はそう多くないでしょう。

ほとんどが公式ページや書籍、レポート記事、QiitaのTipsなどをもとに独学しているのではないでしょうか?

 

独学は、非常に素晴らしいスキルです。

独学ができるということは、やろうと思ったことはなんでも身につけられる、ということ違いありません。

ほとんどのソフトウェア開発者は日頃から独学を実践し、この素晴らしいスキルを磨いています。

ソフトウェア業界に限らず、どんなジャンルにでも独学のスキルは応用できるでしょう。

ソフトウェア開発者は無から価値を生み出せる

「ものづくり」という視点で考えた時に、ソフトウェア開発はそのほかの業界の「ものづくり」とは大きく性質が異なります。

何が異なるかというと、ソフトウェアには原材料が必要ない、というところです。

 

たとえば昔ながらのおもちゃの製造であれば、原材料として木や接着剤、ネジなど原材料を必要とします。

一方でソフトウェアは、PC1台とソフトウェア開発者が揃えば、ほとんど無制限に開発を進められます。

(本当はネットワークや電気などのインフラも必要ですが、十分に小さいものとします)

これはほぼ「無から価値を生み出している」といっても差し支えないでしょう。

 

ソフトウェア以外の業界でこういったことは、まず実現できません。

ゼロの状態から無限大の価値を作り出せるのはあなただけです!!

 

まとめ

3つの視点から、なぜソフトウェア開発者が素晴らしいと思うかまとめてきました。

細かな技術の差や、他の人と比べた優位性にばかりとらわれず、ときにはシンプルにそもそもソフトウェア開発者であることに自信を持ってみてください。

follow us in feedly

↓↓Kindle本を出しました